リフォーム研究室

閉じる カテゴリーを表示する

トイレの窓にはメリットとデメリットがある!後悔しないトイレの窓の付け方は?

家の新築やリフォームに向けて「トイレに窓は必要?」とお悩みではないでしょうか?
トイレの窓には一長一短があるため、十分にリサーチしたうえで設置を検討しなければなりません。

この記事では、トイレの窓のメリット・デメリットについて解説します。
トイレにおすすめの窓や、効率的な換気方法についても紹介するのでぜひ参考にしてください。


 

トイレに窓は必要?

トイレの窓の必要性を問われると「どちらかと言えばあった方がいい」と答える人が多いかもしれません。
しかし、トイレの窓にはメリットもあればデメリットもあるため、必ずしも必要とは限らないのです。

これから、トイレの窓のメリット・デメリットについて見ていきましょう。


 

トイレに窓があるメリット

トイレの窓のメリットには、次のようなものがあります。

 

採光が取れる

トイレに窓がついていれば、外の明るい日差しを取り込めます。
窓の大きさにもよりますが、日中は電気をつけなくても明るいため電気代の節約になります。
また万が一停電になったときでも、昼間は不自由せずトイレが使えて安心です。

 

空気の入れ替えができる

トイレに窓があると、外の新鮮な空気を取り込めます。
トイレの使用後や掃除のときに窓を開けておけば、素早く空気の入れ替えができて便利でしょう。

 

圧迫感が緩和される

トイレは四方を壁に囲まれた狭い空間のため、圧迫感を感じやすいスペースです。
窓があれば採光がとれて外の景色も見えるため、開放感のあるトイレとなるでしょう。


 

トイレに窓があるデメリット

続いては、トイレの窓のデメリットについてです。

 

トイレの室温が低くなる

トイレに窓があると、冬場は外気の影響で気温がぐっと下がります。
急激な温度変化は「ヒートショック」と呼ばれる健康被害を引き起こす原因となることがわかっています。
トイレに窓がある場合は、トイレの防寒対策が必要でしょう。

 

防犯面が心配

窓の数が増える分だけ、戸締りの手間も増えます。
外出の際にトイレの窓を開けていたことを忘れて、そのまま出かけてしまう可能性もあります。

 

窓だけでは換気が不十分

先ほど「空気の入れ替えができる」というメリットについて説明しましたが、しっかり換気をするためにはトイレの窓を開けただけでは不十分です。
効率的に換気をするためには、空気の通り道を作る必要があります。
そのためトイレの窓のほかに、別の部屋の窓も開けるなどの対応が必要でしょう。

 

費用がかかる

トイレの窓を設置すると、その分費用がかかります。
窓の大きさやデザイン、面格子の有無などによっても費用は変わりますが、少なくとも数万円は必要になるでしょう。


 

トイレにおすすめの窓

メリットとデメリットについて理解したところで、ここからはトイレのおすすめの窓について解説します。

 

開けられないFIX窓

トイレに窓はつけたいが防犯面で不安という方は、FIX窓がおすすめです。
FIX窓は「はめ殺し窓」ともいわれ、壁にはめ込まれた開かない窓です。
「採光をとりたい」「インテリア性を高めたい」というときに使用されることが多く、おしゃれで明るい開放的なトイレになるでしょう。

 

防犯性の高い二重窓

トイレに窓をつけるなら「二重窓」にする方法もあります。
二重窓はその名の通り2枚のガラスを使用しており、1枚窓よりも防犯性が高いことがメリットです。

また二重窓は、ガラスの間にできた空気層により外気の影響を受けにくいです。
そのため冬場はトイレの気温が下がりにくく、ヒートショックの予防にもなります。
強度のある「防犯複層ガラス」にすれば、寒さ対策にも防犯対策にもなって一石二鳥です。

 

目隠しにもなる面格子付き窓

目隠しと防犯対策を兼ねるなら、面格子付きの窓がおすすめです。
面格子は和風・洋風を問わずさまざまな色やデザインがあるため、家の雰囲気に合ったものを選べます。
面格子と防犯複層ガラスをセットで使用すれば、防犯性はさらに高くなります。


 

窓がないトイレは換気扇を使う

トイレに窓がない場合は、基本的に「換気扇のみの換気」となります。
トイレは湿気や臭いがこもりやすい場所なので、換気はしっかり行いましょう。

ここでは、トイレを効率よく換気するためのポイントについて説明します。

 

換気するときはトイレのドアを閉める

トイレの換気扇を回すときは、トイレのドアはきちんと閉めておきましょう。
早く換気できるように「トイレのドアは開けておいた方がよいのでは?」と思いがちですが、これは逆効果です。

トイレのドアの下側には「アンダーカット」と呼ばれる数センチ程度の隙間があるのが一般的です。
換気扇をつけると、アンダーカットより取り込まれた空気が「床・壁・天井」へと流れて、トイレ全体を換気してくれます。

一方、トイレのドアを開けた状態で換気扇を回すと、空気の流れが換気扇とドアの上部だけになります。
空気がトイレ全体を循環しないと湿気や臭いがこもる原因となるため、換気するときはトイレのドアは閉めておきましょう。


 

まとめ

トイレの窓には、メリット・デメリットの双方があります。
それぞれについて十分に理解した上で、トイレに窓は必要かどうか検討しましょう。
トイレの窓についてまとめると、次のとおりです。

【メリット】
 ・採光がとれるためトイレが明るい
 ・空気の入れ替えができる
 ・圧迫感が軽減される

【デメリット】
 ・外気温が伝わりやすく冬場は冷える
 ・防犯面で不安がある
 ・トイレの窓を開けただけでは換気が不十分
 ・設置費用がかかる

トイレに窓を設置するなら、防犯面を考慮して「二重窓」や「面格子付きの窓」にするとよいでしょう。
採光やインテリア性を重視するなら、はめ込み式の「FIX窓」がおすすめです。
換気が主な目的の場合は、必ずしもトイレに窓を設置する必要はありません。
正しいやり方で換気をすれば、換気扇だけでも十分空気の入れ替えができます。

トイレの窓についてお悩みなら、まずは信頼できるリフォーム会社に相談することをおすすめします。


静岡県西部・浜松のリフォーム・リノベーションなら、信頼と実績で選ばれる遠鉄のリフォームへ。
戸建・マンションのキッチン・ユニットバス・トイレ・洗面など、住まいのあらゆるお悩みに確かな技術と魅力的なプランでお応えします。


■リフォーム施工事例を見る
https://www.entetsureform.com/works/
■お客様の声を見る
https://www.entetsureform.com/works/
 

こんな記事も読まれています