浜松市天竜区 W様の声

20170622お施主様.jpg 20170622浴槽.jpgのサムネイル画像

築70年の我が家の浴室は、昔ながらのタイル貼りのお風呂でしたが、あるとき使い終わってお湯を抜いたら、お湯がうまく排水されず外に漏れるようになってしまいました。
排水管の破損が原因でしたが、浴室全体がかなり老朽化してきていたので、これを機にユニットバスに交換することにしました。
まずはどこにリフォームをお願いすればいいかホームページで調べ、候補を3社にしぼり、それぞれにプランと見積りを出してもらいました。

最終的に遠鉄ホームさんを選んだ理由は、私たちの希望や予算に最も適したプランを提案してくれたことと、話を聞いていてしっかりと工事をやってもらえそうだと確信したからです。



しかし、在来工法の浴室をユニットバスに変更するにあたり、大きな問題がありました。
もとの浴室の天井高ではユニットバスが入らないのです。
そこで、従来の浴室の天井を高くしなければならなくなり、浴室部分を解体するところから工事が始まりました。

工事期間は、概ね6週間かかりました。元の浴室は、コンクリートのブロックタイルの上に土台を組むという非常に簡素な工法で建てられていたので、まずブロックの空洞部分にコンクリートを流し込んで基礎を固め、その上にしっかりと土台を組んでユニットバスを設置しました。

外壁と屋根もガルバリウム鋼板で新しくしました。家全体の外壁とちょうど似通った色にしてもらえたので、見た目もきれいに収まり満足しています。

20170622浴室屋根工事.jpg 20170622浴室外部南側.jpg 20170622外壁.jpg


ユニットバスはいろいろなメーカーのショールームを回り、床がやわらかで掃除がラクなところが気に入ってTOTO
のシステムバスを選びました。

元の浴槽はステンレスだったのですが、今度のバスは保温タイプの浴槽なので時間が経っても冷めにくく、足し湯も少なくて済むようになりました。オプションで追加した浴室乾燥機も梅雨の時期に活躍しそうです。また、開口部も従来と同じ位置に開けてもらえたので、明るさも充分に確保できました。

20170622ソフトタッチの床.jpg 20170622シャワーと鏡部分.jpg 20170622ユニットバス壁面.jpg
ソフトタッチの床 既存の窓に合わせて設営しました。

20170622脱衣所の床の張り替え.jpg 20170622お手入れしやすい照明.jpg
脱衣所の床を貼り張り替えました。 お手入れがしやすい照明です。


私は仕事でなかなか工事に立ち合うことができなかったので、遠鉄ホームさんとメールでやりとりをして、必要がある時には現場を確認するというような形をとっていたのですが、担当の方がいろいろと気遣ってくれたおかげで何のトラブルも無く無事完成に至りました。
いずれは、リビングなどの居住空間も全面リフォームしたいと考えているのですが、今回の工事をきっかけに遠鉄ホームさんと良いつながりができ、気軽に相談できる相手ができたので安心です。これからもよろしくお願いします。



リノベーション 浜松市 あの遠州鉄道グループの安心リフォーム