リフォーム研究室

閉じる カテゴリーを表示する

ビルトイン食洗機は後付け可能!リフォーム費用や必要なスペースの大きさを解説

食器洗いの負担を、大幅に減らしてくれるビルトイン食洗機。
あれば便利な設備ですが「ビルトイン食洗機は後付けってできるの?」とお悩みではないでしょうか?

この記事では、ビルトイン食洗機の設置に必要なスペースや食洗機のサイズ、リフォーム費用について解説します。
ビルトイン食洗機のメリット・デメリットについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。


 

ビルトイン食洗機は後付け可能?

食洗機は、シンク横の収納スペースに設置する「ビルトインタイプ」と、キッチンなどの上に置く「据え置きタイプ」の2種類があります。
ビルトイン食洗機の設置には、収納扉の取り外しや給排水工事が必要です。
そのため新築時に設置を検討するのが一般的ですが、基本的にシステムキッチンであれば後付け可能なことがほとんどです。

一方「セクショナルキッチン」の場合は、スペース不足によりビルトイン食洗機を設置できないことが大半です。
セクショナルキッチンとは、シンク台よりコンロ部分が一段低いタイプのキッチンで、アパートなどの集合住宅や中古住宅でよく採用されています。
セクショナルキッチンで食洗機の後付けをお考えなら、据え置きタイプの食洗機を検討しましょう。


 

ビルトイン食洗機の後付けに必要なスペースは?

ビルトイン食洗機は、シンク横の収納スペースに設置するのが一般的です。
食洗機のサイズにもよりますが、設置に必要なスペースの目安は次の通りです。

【キッチン】
 ・高さ:75cm以上(床面からキッチン前垂れ下部までの高さ)

【収納スペース】
 ・幅:45cm以上
 ・奥行き:60cm以上

ビルトイン食洗機のサイズ展開は、基本的に45cm幅と60cm幅の2つです。
そのため収納スペースの幅は45cmもしくは60cm以上、奥行きはおよそ60cm以上のスペースが必要となります。


 

ビルトイン食洗機のサイズの選び方

ビルトイン食洗機は、同サイズでも「日本製」と「海外製」では収納容量に違いがあります。


【一般的なビルトイン食洗機の収納容量】

 
45cm幅 60cm幅
日本製 約6人分 約7人分
海外製 約7~9人分 約10~12分


例えば単身者や夫婦2人世帯だと、45cm幅の食洗機で十分と思われるかもしれません。
しかし「食器をたくさん使う」「大型の調理器具がある」などの場合は、45cm幅の食洗機だと容量不足の可能性もあります。
また鍋やフライパン、まな板も一緒に食洗機にかけたい場合も同様です。

ビルトイン食洗機を設置する際は収納スペースの広さに加え、家族構成や食器の量などを考慮した上で最適なものを選びましょう。


 

ビルトイン食洗機の後付け費用

サイズや性能にもよりますが、ビルトイン食洗機の後付け費用の目安は、商品代・工事代込みで20~30万円程度です。
ただし、給排水設備やコンセントの新設工事などが必要な場合は、更に数万円程度の追加費用が発生します。

ビルトイン食洗機の設置費用は、施工会社によりさまざまです。
見積もりを依頼する際は、信頼できるリフォーム会社にお願いしましょう。


 

ビルトイン食洗機を後付けする際の注意点

ビルトイン食洗機を後付けする際は、次の点に注意しましょう。

 

設置場所に注意

ビルトイン食洗機は、通常シンク横の収納スペースに設置するのが一般的です。
ただしキッチンの仕様によっては、シンク下に設置できるケースもあります。

シンク横の収納スペースに設置する食洗機は「ディープタイプ」と呼ばれる物ですが、シンク下に設置する食洗機は、通常よりもコンパクトな「ミドルタイプ」になります。
製品にもよりますが「奥行き60cm×幅45cm×高さ47cm」程度あれば、シンク下にミドルタイプの食洗機を設置できるでしょう。

ただし、シンク下には給排水の配管が通っており、これらの配置によっては収納スペースの奥行きが不足することもあります。
食洗機をシンク下に設置する際は天板の奥行きだけで判断せず、実際に収納スペースの扉を開き、空間の奥行きや幅を測ってみましょう。

 

給排水管とコンセントの位置に注意

ビルトイン食洗機を設置するためには、給排水管へ接続しなければなりません。
給排水管はシンク下に配置されていますが、食洗機の設置場所から離れすぎていると接続が難しくなるため注意が必要です。
また、食洗機を使用するためには電源が必要なので、コンセントの位置も確認しておきましょう。


 

ビルトイン食洗機を後付けするメリット

ビルトイン食洗機を設置すると、次のようなメリットがあります。

 

手荒れの防止になる

食器を手洗いすると、お湯を使うことで肌が乾燥したり、洗剤の刺激によって手が荒れたりすることがあります。
ビルトイン食洗機を設置すれば、このような手荒れの悩みから解放されます。

 

時間を有効に使える

洗い物の量にもよりますが、手洗いで洗浄から拭き取りまでやると1回の作業で30分程度かかるのが一般的です。
食洗機を使えば1日1時間以上の時短となることもあり、余った時間を有効活用できます。

 

水道光熱費や洗剤代が節約できる

手洗いと食洗機では、食洗機を使用した方が節約できることをご存じでしょうか?
手洗いと食洗機それぞれにかかる水道光熱費や洗剤代を比較すると、洗い物の量や機種にもよりますが、食洗機の方が年間約19,000円ほどの節約になると言われております。

 

高い洗浄力で衛生的

ビルトイン食洗機は、60~80℃の高温洗浄が一般的です。
また食洗機用の洗剤は、殺菌・除菌効果の高い成分が配合されたものも多いです。
しつこい汚れや油汚れにも強く雑菌の繁殖も防いでくれるため、食器類をいつも清潔な状態で使用できます。


 

ビルトイン食洗機を後付けするデメリット

ビルトイン食洗機には、次のようなデメリットもあります。

 

予洗いが必要

いくら食洗機といえども、こびりついた食べかすやしつこい油汚れについては予洗いが必要です。
食洗機のグレードによっては予洗い不要な製品もありますが、使用後の食器はざっと洗ってからセットした方が汚れは落ちやすいでしょう。
どうしても予洗いが面倒だと感じるなら、食べ終えた食器をしばらくお湯に漬けておく方法もあります。

 

定期的に掃除が必要

毎日使用する食洗機は、安全かつ長く使えるようにメンテナンスが必要です。
食べかすを拾う「残菜フィルター」は、毎日掃除をしないと目詰まりを起こす原因になってしまいます。
また食洗機を清潔に保つためには、月に1回程度の庫内洗浄も必要です。

 

洗浄できない物もある

食器の種類や大きさによっては、食洗機で洗えないものもあります。

【食洗機で洗わない方が良いもの】
 ・漆器
 ・金・銀メッキのスプーンなど
 ・銀・アルミ・銅製品
 ・金箔や上絵付けの陶磁器
 ・プラスチック製品
 ・高級ガラス製品

これらの食器類は、食洗機用洗剤や熱の影響を受けやすい特徴があります。
知らずに食洗機で洗うと変形や変色してしまうことがあるため、十分注意しましょう。

 

収納スペースが減る

ビルトイン食洗機を設置すれば、キッチン収納が1つ減ってしまいます。
「収納スペースが少ない」「物が多い」というご家庭では、ビルトイン食洗機の設置に悩んでしまうかもしれません。

この場合は、思い切ってキッチン周りを整理整頓するのもおすすめです。
それでもやはり収納スペースが不足する場合は、キッチン上の水切りかごを置くスペースに、据え置きタイプの食洗機の設置を検討してみるのも良いでしょう。


 

まとめ

ビルトイン食洗機は、システムキッチンであれば後付けできることがほとんどです。
ビルトイン食洗機のサイズは、45cm幅と60cm幅の2タイプが主流です。
家族構成や食器類の量、収納スペースの広さなどを考慮した上で、ご自宅に合った大きさの食洗機を選びましょう。

ビルトイン食洗機にはさまざまなメリットがありますが、全く手洗いが不要なわけではありません。
また日々の掃除や定期的なメンテナンスも必要です。
ビルトイン食洗機の設置は、メリット・デメリットを十分理解した上で、信頼できるリフォーム会社に相談しましょう。


静岡県西部・浜松のリフォーム・リノベーションなら、信頼と実績で選ばれる遠鉄のリフォームへ。
戸建・マンションのキッチン・ユニットバス・トイレ・洗面など、住まいのあらゆるお悩みに確かな技術と魅力的なプランでお応えします。




■リフォーム施工事例を見る
https://www.entetsureform.com/works/
■お客様の声を見る
https://www.entetsureform.com/works/
 

こんな記事も読まれています