リフォーム研究室

閉じる カテゴリーを表示する

床暖房はリフォームで後付けできる?種類や費用相場、リフォーム期間を解説

床暖房を設置したいけれど「今の家に後付けできる?」「費用はどれくらい?」などとお悩みではないでしょうか?
床暖房は足元からポカポカと、部屋全体を包み込むような優しい暖かさが魅力の暖房器具です。

この記事では床暖房の種類や費用のほか、リフォームにかかる期間、設置に関する注意点について解説します。


 

床暖房はリフォームで後付け可能?

床暖房は「一戸建て」「マンション」に関わらず後付け可能ですが、それぞれにおいて一部注意点があります。

 

一戸建ての場合

戸建ての床暖房リフォームは、1、2階など階を問わず施工できます。
床暖房の設置方法には「直張り」と「張り替え」の2種類があり、それぞれの特徴は次のとおりです。


直張り
「直張り」は既存の床の上に床暖房を施工して、更にその上から床材を張る方法です。
床を剥がす必要がないため工事が比較的簡単で、設置費用を抑えられることがメリットです。

ただし床暖房を施工した部分は2重床となるため、他の部分よりも少し高くなってしまいます。
そのままだと段差につまずいて転倒する恐れがあるため、段差解消用の床見切り材を付けるなどすれば安心です。


張り替え
「張り替え」は、既存の床材を剥がして床暖房を設置する方法です。
2重床の直張りとは違い、施工後も段差のないフラットな状態に仕上がります。

ただし張り替えの場合は、床材を剥がす手間や廃材処理費が別途かかります。
そのため、直張りと比べると施工費は高くなってしまいます。

 

マンションの場合

マンションの場合も、一戸建て同様に階を問わず床暖房を設置できます。
ただしマンションで床暖房を設置する際は、管理規約により施工が制限されるケースがあるため注意が必要です。
マンションで床暖房を設置する際の主なチェックポイントは、次の2点です。

 1. 床材の張替えが許可されているか
 2. 床材(フローリング)の遮音等級に規定があるか

マンションのような集合住宅では、管理規約により床材の張り替えが禁止されていることも珍しくありません。
また張り替えは許可されていても、既定の遮音等級を満たした床材でなければ管理規約違反になってしまいます。

マンションで床暖房の設置をお考えなら、事前に管理規約を十分確認の上リフォーム会社に相談しましょう。


 

リフォーム可能な床暖房の種類

床暖房装置は「電気式」と「温水式」の2種類があります。

 

電気式床暖房

電気式床暖房は、床下に電熱線入りのパネルを敷くことで熱を放出して部屋を暖めます。
安全性が高く設置も簡単なので、初期費用が抑えられるというメリットがあります。
ただし、毎月の電気代がやや高くなることや、部屋が温まるまでに少し時間がかかるというデメリットも。
そのため、電気式床暖房は長時間使用する場所は避け、キッチンなど短時間だけ使用する場所への設置がおすすめです。

また電気式床暖房は、種類によっては接触面の温度が45℃近くなる物もあります。
長時間体を密着させていると低温火傷を起こす危険性があるため、小さな子供やお年寄りがいるご家庭では注意が必要でしょう。

 

温水式床暖房

温水式床暖房は、床下に設置したパイプに温水を循環させて部屋を暖める仕組みです。
電気式よりも部屋が温まるのが早く、温度も40℃を超えないため低温火傷のリスクが低いことがメリットです。

一方、温水式床暖房のデメリットは、配管や給湯器の設置工事が必要なため、初期費用が高くなってしまうことです。
ただし、温水式は電気式ほどランニングコストがかからないため、リビングや自室など長時間使用する場所への設置に向いています。


 

床暖房リフォームの費用相場

床暖房のリフォームにかかる費用の目安は、1畳あたり5~11万円程度です。
直張りだと5~8万円/畳、張り替えの場合は8~11万円/畳が一般的な施工価格帯です。

電気式・温水式によっても、リフォーム費用は異なります。
広さ別に見たリフォーム費用の目安は、次の表を参考にしてください。
 
広さ 電気式 温水式
8畳 32~72万円 40~95万円
10畳 37~80万円 49~100万円
12畳 50~85万円 63~110万円

※温水式床暖房の場合は配管・給湯器などの設置費用として別途20~100万円程度必要


 

床暖房リフォームにかかる期間

床暖房リフォームにかかる期間の目安は、直張りなら1~2日程度、張り替えの場合だと3~5日前後です。
ただし施工面積や床材の状態にもよるため、正確な日数については実際に部屋を見た上での判断となります。


 

床暖房リフォームの注意点

床暖房を後付けする際は、次の注意点を踏まえた上で設置を検討しましょう。

 

電気容量に注意

床暖房にリフォームする際は、家の「電気容量」に注意しましょう。
床暖房と複数の電化製品を同時に使うと、契約しているアンペア数によってはブレーカーが落ちてしまう可能性もあります。

電力不足が心配される場合は、電気の容量を増やす工事が必要です。
そのため床暖房のリフォームを検討する際は、契約アンペア数を事前にチェックしましょう。

 

設置場所、設置面積に注意

電気代を抑えつつ効率的に部屋を暖めるためには、床暖房の設置場所や面積について考える必要があります。
床暖房は、設置する床面積の60~70%をカバーすれば、暖房効果が得られるとされています。
そのため全面に施工する必要はなく、例えば食器棚やチェストといった大型家具の下までは、床暖房を施工しないことが一般的です。

床暖房リフォームをする際は、部屋のレイアウトやファブリックの配置を考慮して設置場所を決めましょう。

 

床材の種類に注意

床暖房で一般的な床材を使用すると、急激な温度変化に対応できず反りや割れが起こってしまうことがあります。
床暖房にリフォームするときは、温度変化に強い床暖房対応の床材を使用しましょう。


 

床暖房のメリット

ここでは、床暖房のメリットについて紹介します。

 

足元から暖かい

暖かい空気は上に溜まるため、ずっとエアコンをつけていても足元は寒いままということも少なくありません。
床暖房は足元からポカポカと、部屋全体をまんべんなく暖めてくれます。
ストーブなどのように火を使わないので、小さな子供やお年寄りがいるご家庭でも安心です。

 

空気や肌が乾燥しにくい

床暖房はエアコンのように風が出ないので、空気や肌が乾燥しにくいという特徴があります。
また埃やダニを空気中に舞い上げにくいため、アトピーや喘息などアレルギー体質の方にもおすすめです。

 

日々のお手入れが楽

エアコンは、フィルターに溜まった埃を定期的に掃除しなければなりません。
掃除を怠ると、フィルターにカビが生えてアレルギーを発症する原因にもなります。

一方床暖房の場合は、日々のお手入れは一切不要です。
また、ストーブやガスファンヒーターのように置き場所を取らないので、部屋を広く使えることも魅力の1つです。


 

床暖房のデメリット

床暖房には、次のようなデメリットもあります。

 

導入費用が高額

床暖房の導入にあたっては、まとまった初期費用が必要です。
一般的なエアコンと比べると、床暖房の設置費用はその何倍にもなります。
また月々のランニングコストも、エアコンなどと比べると高額になりがちです。

 

定期的なメンテナンスが必要

日常の掃除が不要な床暖房も、温水式の場合は定期的なメンテナンスが必要です。

 ・熱源機・温水パイプの交換:10年に1回程度
 ・不凍液の入れ替え(寒冷地の場合):1年に1回程度

熱源機や温水パイプの交換では数十万円の費用が発生するため、導入時だけではなく、長期的な資金プランニングが必要でしょう。
一方電気式の耐久期間は30年程度で、基本的にメンテナンスは不要です。

 

部屋が温まるまで時間がかかる

床暖房はエアコンと比べると立ち上がりが遅いため、部屋全体が温まるまで時間がかかります。
そのため、すぐに部屋を暖めたい時などは、少々不便に感じることもあるでしょう。


 

まとめ

優しい暖かさが魅力の床暖房は、リフォームで後付けができます。
ただし、マンションの場合は管理規約で制限されていることがあるため、事前に管理規約を確認しましょう。

床暖房の施工方法には「直張り」と「張り替え」があり、種類は「電気式」と「温水式」の2種類です。
床暖房リフォームについてお考えなら、実績豊富で、信頼できるリフォーム会社に相談しましょう。


静岡県西部・浜松のリフォーム・リノベーションなら、信頼と実績で選ばれる遠鉄のリフォームへ。
戸建・マンションのキッチン・ユニットバス・トイレ・洗面など、住まいのあらゆるお悩みに確かな技術と魅力的なプランでお応えします。


■リフォーム施工事例を見る
https://www.entetsureform.com/works/
■お客様の声を見る
https://www.entetsureform.com/works/
 

こんな記事も読まれています