リフォーム研究室

閉じる カテゴリーを表示する

キッチンの通路幅90cmは狭い?広い?使い方に合わせた最適幅を紹介!

2021.4.19
キッチンの通路幅はさまざまですが「何cmくらいが使いやすいんだろう?」と悩んだことはありませんか?
家を新築したりリフォームしたりする際に、イメージだけでキッチンの通路幅を決めると後悔することもあります。

キッチンは毎日使う場所なので、快適に過ごせる空間にしたいもの。
この記事ではキッチンの通路幅について、用途別にみた最適な幅を紹介します。


 

キッチンの通路幅に関する失敗談

キッチンの通路幅が「狭すぎる場合」「広すぎる場合」ついて、それぞれの失敗談をみてみましょう。

 

通路幅が狭すぎる

まずは、通路幅が狭すぎる場合の失敗例です。


収納が使いづらい
通路幅が狭かったため、シンク下の収納や背面収納の開け閉めが不便になってしまったケースです。

体を一歩横にずらさなければ引き出しが開けられず、収納を効率的に使用できません。
「かがまなければものが取り出せない低い位置の収納も、通路が狭いためほとんど活用できなかった」
「観音開きの収納は、扉を開けると通路がいっぱいになってしまう」という失敗談もあります。

通路が狭いキッチンでは、選べる収納の種類も限られてくるでしょう。


2人以上では使いにくい
キッチンを使用中にほかの家族が入ってきたときや、2人一緒に調理をするときに「通路幅が狭いとぶつかってしまう」という失敗談です。

家族やパートナーと一緒に調理を楽しみたいと考えていても、通路幅が狭いとお互いの動きが邪魔になります。
動線が妨げられるので、作業効率も悪くなってしまいます。

通路幅が狭いキッチンでは、2人以上で調理するのは難しいでしょう。

 

通路幅が広すぎる

続いては、キッチンの通路幅が広すぎた場合の失敗例です。


無駄な動きが多くなった
「コンロ前で調理中に食器を取り出そうとしても、振り向いただけでは食器棚に手が届かず不便になった」という失敗談です。
食器などを取り出すたびに何歩か歩く必要があり、作業効率もさがります。

「食器や食材を落とすことが多くなった」という声もありました。


リビングやダイニングが狭くなった
「開放感のあるキッチンに憧れて通路幅を広くしたら、リビング・ダイニングが狭くなり、結果的に圧迫感のある室内になってしまった」という失敗例です。

キッチンの通路幅を広くとりすぎると、リビングやダイニングはその分狭くなります。キッチンの通路幅は、室内全体の広さも考慮して決めましょう。


 

キッチンの通路幅は何cmが最適?

通路の最適幅はライフスタイルによって異なります。
ここからは使用人数や使い方に合わせた通路の最適幅について解説します。

 

70cm以下は1人暮らし向き

通路幅70cm以下のキッチンはコンパクトな室内にも収まりやすく、1人暮らしに向いています。
人によっては狭いと感じるかもしれませんが、キッチンに立つのが1人だけなら調理はできるでしょう。
ただし収納が引き出しタイプの場合は、出し入れの際に少し不便かもしれません。

 

90cm前後は使う人が1人ならOK

90cm前後だと、適度なゆとりを感じながらも背面収納まで楽に手が届く距離です。
収納が引き出しタイプでも全開にでき、ものの出し入れも楽に行えます。

通路幅90cm前後は、2人以上がキッチンにいてもギリギリすれ違える広さです。
ただし引き出しを開けると、すれ違いは難しくなります。
2人以上でキッチンを使う場合は、不便に感じることもあるでしょう。

 

100~120cmならファミリー向け

通路幅100~120cmになると、2人同時に調理ができる程度の余裕があります。
引き出しが全開でも人が通れる通路幅で、ゆとりのあるキッチンといえるでしょう。

ただし引き出しを開けた状態ですれ違いができるかどうかは、確認が必要です。
収納を選ぶ際にチェックしましょう。

 

120cm以上あればホームパーティーも楽しめる

通路幅が120cm以上になると、キッチンに広い空間が生まれます。
数人で調理をしたり、ちょっとしたホームパーティーを開いたりするにも十分な広さでしょう。
しかし空間が広い分、何をするにも動きが増えることになります。
作業効率と合わせてキッチン内のレイアウトを考えましょう。



 

【通路幅別】最適な使い方一覧

通路幅 使用人数や用途 注意点
70㎝以下
  • 1人暮らし向き
  • 引き出し収納だと使いづらい
90㎝前後
  • 1人で使う分には最適
  • たまに2人で使う
  • 子供と一緒に使う
  • すれ違いはできるがギリギリ
  • 引き出しを開けるとすれ違いは難しい
100~120㎝
  • 2人で使える
  • ファミリー向け
  • 引き出しを全開にしたとき、すれ違いができるかどうか確認が必要
120㎝以上
  • 複数人で使える
  • ホームパーティーもOK
  • 空間が広いため動作が増える



 

キッチンの通路幅を決めるポイントは?

毎日使うキッチンだからこそ、通路幅は慎重に決める必要があります。
あとから「失敗した!」と後悔しないように、通路幅を決めるポイントについて確認しておきましょう。

 

使用人数や使用シーン

キッチンに立つのは何人か、どのような目的で使うかによって、最適な通路幅は変わります。

最初は夫婦2人でも、将来的に子どもが生まれ家族が増える可能性もあるでしょう。
1人暮らしでも友人を招いたホームパーティーが趣味の方は、広めの通路幅のほうが使いやすいこともあります。

キッチンの通路幅はライフプランやライフスタイルと合わせて決めましょう。

 

冷蔵庫の奥行きを確認する

冷蔵庫を置いた部分だけ通路幅が狭くなり、不便を感じるという失敗例は多くあります。
通路幅を決める際は、冷蔵庫の配置を考えることも大切です。

一般的な冷蔵庫の奥行きは70cm前後ですが、食器棚や背面収納の奥行きは35~65cm前後です。
並べて置くと冷蔵庫だけが飛び出るため、部分的に通路幅が狭くなります。
冷蔵庫置き場が設けてあっても、実際に置いてみるとスペースから飛び出してしまうことも珍しくありません。

冷蔵庫の前面からキッチンまでの幅を考慮して、通路幅を考えましょう。

 

背面収納の開け閉めを考慮する

背面収納の奥行きは、45cm・65cmが一般的とされています。
引き出しタイプの収納は、奥行があるほど開ける際もスペースが必要となります
キッチンに背面収納を設置する際は、収納の開け閉めも考慮して通路幅を検討しましょう。


 

まとめ

キッチンの通路幅は、狭すぎても広すぎても使い勝手が悪くなります。
キッチンを使用する人数やライフスタイル、冷蔵庫の配置や背面収納の大きさも考慮したうえで通路幅を決めることが大切です。

キッチンの通路幅は、リフォームで変更が可能です。
「通路幅を見直したい」とお考えなら、実績豊富なリフォーム会社に相談してみましょう。
 
静岡県西部のリフォーム・リノベーションなら、信頼と実績で選ばれる遠鉄のリフォームへ。
戸建・マンションのキッチン・ユニットバス・トイレ・洗面など、住まいのあらゆるお悩みに確かな技術と魅力的なプランでお応えします。

■リフォーム施工事例を見る
https://www.entetsureform.com/works/
■お客様の声を見る
https://www.entetsureform.com/works/

こんな記事も読まれています