リフォーム研究室

閉じる カテゴリーを表示する

植栽でおしゃれな住まいに!シンボルツリーや目隠しにおすすめの庭木15選を紹介

2022.5.30
「家の外観が殺風景」「全体的に何か物寂しい」と感じたら、植栽をしてみてはいかがでしょうか?
周囲に少しの緑があるだけで、家の外観の雰囲気はガラリと変わります。
 
この記事では植栽がもたらすメリットや、目的別に選定した、植栽におすすめの草木15種類を紹介します。



 

植栽とは?

植栽とはわかりやすく言うと「植物を植える」ことですが、ただ単に植えればいいわけではありません。
植栽は、敷地空間をデザインするエクステリアの一部として、家の「機能性向上」や「美観の保持」といった役割を担っています。


 

植栽の役割やメリット

 ・枝葉の広がりや色のコントラストによって空間に奥行きを与えてくれる
 ・木の種類によっては葉が紅葉するなど四季を感じられる
 ・外部からの目隠しになる
 ・通風を確保しながらも日差しをほどよく遮ってくれる
 
このように植栽は家に表情を与えるだけではなく、庭先に木陰を作ったり、外部からの目隠しになったりもします。



 

おしゃれなシンボルツリーにおすすめの植栽8選

ここからは、シンボルツリーにおすすめの樹木を8つご紹介します。
シンボルツリーとは、文字通り「家の象徴」となる木です。
それぞれの特徴を知って、家のイメージに合う最適な木を選びましょう。


 

オリーブ

オリーブは、洋風の家にとてもマッチする常緑樹です。
落ち着いたグリーン色で、細めのシャープな葉形が全体的にすっきりとした印象を与えます。
オリーブは、ゆったりと伸びた枝葉が美しい木です。
そのため、ある程度のスペースが必要で、狭小地への植栽には不向きと言えるでしょう。


 

ユーカリ

ユーカリは南半球原産の常緑樹で、その数は数百種類とも言われています。
中でも、丸みを帯びた葉形が愛らしい「マルバユーカリ」は植栽としての人気が高く、やや銀色がかった緑の葉が、見た目に涼やかな印象を与えてくれます。
 
ユーカリは成長速度がとても早く、すぐに大きくなってしまいます。
そのため、ゆとりのある敷地と、年に数回の剪定が必要です。


 

レモン

レモンは、インドのヒマラヤ山麓原産の常緑樹です。
酸っぱい果実のイメージが強いレモンですが、果実以外にも白くて可愛い花を楽しめます。
 
レモンは低木と呼ばれるタイプで、樹高は2~3m程度です。
そのため狭い庭でも育てやすく、上手く育てば美味しいレモンを収穫できます。


 

アオダモ

アオダモは枝葉が少なく、すっきりとした樹形が特徴的な落葉樹です。
春には可愛らしい白い花を、そして秋には美しい紅葉を楽しむことができます。
 
アオダモは、どんな環境でも育てやすいことから近年植栽としての需要が高まっています。
しかし、シンプルな佇まいが故に、単独植えだとやや寂しく感じることもあります。


 

イロハモミジ    

イロハモミジは日本を代表する紅葉樹で、古くから植栽として親しまれています。
紅葉の見ごろは11~12月で、和風・洋風を問わず馴染みが良いため、シンボルツリーとしても人気があります。
 
イロハモミジは、小さいものでも3~4mほどまで成長します。
植栽をする際は樹高を考慮して、植える場所を選びましょう。


 

ミモザ

ミモザの代表的な品種は「ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)」と「フサアカシア(房アカシア)」ですが、日本でミモザと言えばギンヨウアカシアを指します。
ミモザは春になると、枝葉を覆いつくすほどの丸い黄色い花をたくさん咲かせます。
銀色を帯びた緑の葉と相まって、ゴージャスな雰囲気を醸し出してくれます。
 
ミモザは樹高が高く、枝葉の広がりも大きい木です。
そのため敷地の広さ高さともに、ある程度の余裕が必要です。


 

ソヨゴ

ソヨゴはつるんとした光沢のある葉と、小さな赤い実が可愛らしい常緑樹です。
6月頃に白い花が咲き始め、秋~冬になると緑の葉の間に真っ赤な実をつけます。
 
ソヨゴは成長速度が緩やかで手入れも楽なため、シンボルツリーに取り入れやすい木です。
ただし、熱い日差しに弱いため、植栽場所は直射日光が当たらない場所を選びましょう。


 

シマトネリコ

すっきりとした樹形で圧迫感が少ないシマトネリコも、シンボルツリーとして人気が高い木の1つです。
シマトネリコは成長速度がとても早いため、定期的に剪定しないとあっという間に大きくなってしまいます。
また、夏の日差しや乾燥には強いが、寒さに弱いという特徴があります。
そのため常緑樹ではありますが、寒冷地では寒さで落葉してしまうこともあります。



 

目隠しにおすすめの植栽7選

続いては、目隠しにおすすめの草木を7つご紹介します。
外部からの視線を遮る目的で植栽するため、一年を通して葉を付けている「常緑樹」がおすすめです。


 

キンモクセイ

秋になると、甘い香りを放つキンモクセイ。
濃い緑色の葉と橙色の花とのコントラストが美しく、シンボルツリーとしているケースもあります。
 
キンモクセイは、放っておくと樹高が5mほどになります。
あまり大きくしたくない場合は、定期的な剪定が必要です。


 

フェイジョア

やや肉厚で丸みのある葉と、どことなく南国をイメージさせる花が印象的なフェイジョア。
年に一度の剪定で2m程度の高さを維持できるため、管理のしやすさからも近年庭木としてよく使われています。
 
フェイジョアは、花だけではなく美味しい果実も楽しめます。
フェイジョアの果実は「パイナップルグアバ」とも呼ばれ、甘酸っぱく爽やかな味わいです。
またフェイジョアの花びらも、食用として美味しく食べられます。


 

ハイノキ

枝葉が細く、すっきりとした樹形が好まれるハイノキ。
葉の形は少し先の尖った披針形で、淡い緑の葉が風に揺れる姿は涼しげで風情があります。
 
ハイノキは本来10m近くにもなる高木ですが、一般的な土壌で庭木として育てた場合の樹高は3~4m程度です。
常緑樹としては珍しく成長速度が緩やかなため、頻繁な剪定の必要がなく手入れが楽なことがメリットです。


 

セイヨウツゲ(ボックスウッド)

セイヨウツゲは別名「ボックスウッド」とも呼ばれ、日本のホンツゲよりも大きく丸みを帯びた葉をしています。
セイヨウツゲは枝葉が多く成長速度が緩やかなことから、適宜剪定を行い、生垣などに使用されることが多いです。
セイヨウツゲは常緑樹ですが、寒さが厳しい寒冷地では美しい紅葉が見られることもあります。


 

レッドロビン

燃え上がるような、赤い新芽が美しいレッドロビン。
6月頃になると、小ぶりで可憐な白い花も見られます。
 
レッドロビンは病害虫に強く育てやすいですが、成長速度が早いため年に2~3回の剪定が必要です。
上手に刈り込みを行うことで枝葉の密度が増すため、生垣に使われることが多い品種です。


 

シルバープリペット

シルバープリペットは、クリーム色がかった斑入りの葉が特徴的な木です。
細い枝葉が放射状に広がりを見せ、個性は強すぎないものの確かな存在感を放っています。
シルバープリペットは見た目が軽やかで、周囲の景色とも馴染みやすいです。
また、ほかの植物との相性もよいため、庭木としてよく使用されます。
 
シルバープリペットは、手入れをしないと3mほどまで成長します。
大きく育てたく無い場合は、定期的に剪定を行いましょう。


 

アベリア

春から秋にかけて、花期が長いことで知られるアベリア。
細長い枝に、白色や薄ピンク色の小ぶりな花をたくさん咲かせます。
アベリアは常緑樹に属しますが、シマトネリコと同様、寒冷地では落葉する半常緑樹でもあります。
 
アベリアは病虫害に強く丈夫で育てやすいため、庭木のほか、公園や歩道などさまざまな場所で見かけます。
アベリアは成長が旺盛なため、樹形を整えるために年に2回ほどの剪定が必要です。



 

まとめ

植栽は家の外観に関わるだけではなく、暮らしの質を向上させる役割もあります。
植栽をする際は草木の見た目だけではなく、樹高や、育てやすさについても考慮しましょう。
 
植栽では草木の選定や管理など、樹木の種類によっては自分で行うことが難しいケースもあります。
植栽でお住まいのイメージアップをお考えなら、信頼できるリフォーム会社に相談しましょう。
 
静岡県西部・浜松のリフォーム・リノベーションなら、信頼と実績で選ばれる遠鉄のリフォームへ。
戸建・マンションのキッチン・ユニットバス・トイレ・洗面など、住まいのあらゆるお悩みに確かな技術と魅力的なプランでお応えします。
 
 
■リフォーム施工事例を見る
■お客様の声を見る

こんな記事も読まれています