リフォーム研究室

閉じる カテゴリーを表示する

お風呂の広さはどれくらいが標準?ユニットバスの規格サイズを解説

自宅の浴室をユニットバスにしたいけど、適切なサイズがわからないとお悩みではないでしょうか?
ユニットバスは既製品のため、サイズが決まっています。
戸建て用・マンション用の規格サイズがあり、その中から自宅の浴室に合うものを選ぶのが一般的です。

この記事では、ユニットバスの規格サイズについて解説します。
戸建て・マンションにおすすめの大きさや、ユニットバスのリフォーム費用についても説明します。


 

ユニットバスの一般的な規格サイズ

在来工法とは違い、ユニットバスには一定の規格サイズがあります。
「1616」「1620」など数字で表記されたり「0.75坪」「1坪」など坪数で表記されたりします。

ユニットバスの規格サイズは、戸建て用・マンション用を合わせると約20種類ほどです。
しかし使用される大きさはほぼ決まっていて、マンション・戸建てともに「0.75坪~1坪」が標準サイズとされています。
例えば1坪は約2畳分の大きさなので、182cm×182cm=約3.3㎡の広さです。
1坪の浴室に対応可能な規格サイズは「1418」「1616」などがあります。

 

ユニットバスの採寸方法

ユニットバスの大きさは、10cm単位で区切られています。(メーカーによっては5cm単位もあり)
サイズは浴室の内径の「幅×奥行」で表記され、例えば内寸幅160cm×奥行180cmのサイズ表記は「1618」となります。

 

ユニットバスの規格サイズ表

ユニットバスには「戸建て用」と「マンション用」があります。
ユニットバスの一般的な規格サイズについては、次の表をご覧ください。


【戸建て用】
サイズ 坪数 ユニットバス内寸(幅×奥行)
1216 0.75坪 120cm×160cm
1217 120cm×170cm
1316 130cm×160cm
1317 130cm×170cm
1618(※メーターモジュール採用) 1坪 160cm×180cm
1818(※メーターモジュール採用) 180cm×180cm
1616 160cm×160cm
1717 170cm×170cm
1621 1.25坪 160cm×210cm
1623 1.5坪 160cm×230cm
1624 160cm×240cm
※メーターモジュールとは、1mを基本寸法とする設計基準のことです。
一般的な尺モジュールの基準より、浴室空間が広くとれます。


【マンション用】
サイズ ユニットバス内寸(幅×奥行)
1116 110cm×160cm
1216 120cm×160cm
1216.5 120cm×165cm
1218 120cm×180cm
1316.5 130cm×165cm
1317 130cm×170cm
1318 130cm×180cm
1416 140cm×160cm
1418 140cm×180cm
1616 160cm×160cm
1618 160cm×180cm
1620 160cm×200cm


 

ユニットバスの広さはどれくらいがおすすめ?

ユニットバスは、戸建てとマンションでは規格サイズが異なります。
マンション用は床下や天井の高さが低くつくられていて、戸建てと比べるとコンパクトなサイズが多いことも特徴です。

浴槽の幅は、どれもほぼ同じ70cm程度です。
そのためユニットバスの面積が広いほど、ゆったりとした洗い場を確保できます。
戸建てとマンションのユニットバスについて、それぞれおすすめの広さを見ていきましょう。

 

戸建て用の一般的なサイズ


【戸建て用】
 ・1216サイズ(0.75坪)
 ・1616サイズ(1.0坪)

戸建て用では「1216」と「1616」がよく使われています。
とくに1坪サイズは広すぎず狭すぎず、ちょうどよい広さが人気の理由です。
浴槽でも十分足を伸ばせるため、ゆったりとお湯に浸かれます。

 

マンション用の一般的なサイズ


【マンション用】
 ・1418サイズ
 ・1620サイズ

マンション用では、とくに「1418」の人気が高いようです。
洗い場は適度な広さで使いやすく、浴槽も身長160cm程度の人が足を伸ばせる大きさです。

 

介護を想定したときの理想的なサイズ

1人で入浴するなら、1坪サイズで十分でしょう。
しかし介護で付き添いが必要だったり、親子で入浴したりする場合は1.25坪以上の広さが必要です。(1620・1621・1623・1624サイズなど)
1.25坪あれば浴室に車椅子で入れますし、子どもと一緒でもゆったりと洗い場を使えます。
また介護を想定する場合には、サイズだけでなく、出入りするドアを引き戸仕様にしたり、手すりを設置したりするなど、使い勝手をよくする工夫をしましょう。

 

サイズ選びの際はショールームを活用しよう

ユニットバスの大きさは、メジャーで測るなどしてもイメージしにくいものです。
ショールームまで足を運び、目で見て広さを確認することをおすすめします。
ショールームには、さまざまなタイプのユニットバスが展示されています。
実際に洗い場に立ったり浴槽に入ったりして、広さと動きやすさを体感しましょう。

ショールームには、ユニットバスに詳しいプロのアドバイザーが常駐しています。
商品の特徴や違いについて直接質問できることも、ショールームの魅力のひとつです。


 

ユニットバス交換で広々としたお風呂に!

狭い浴室にお悩みなら、ユニットバスのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
ひと昔前のユニットバスだと、バリエーションの少なさから本来よりも小さいサイズのユニットバスが設置されていることもあります。
また最近では、浴室の拡張リフォームに合わせて設計されたユニットバスも、たくさん発売されています。

拡張工事が難しいといわれるマンションでも、浴室を広くできる可能性はあります。
薄型の配管を使用すれば、壁と浴室の間の空間を最小限に抑えられるので、今よりも広いユニットバスを設置できます。

ただし、リフォームの前には入念な計測が必要です。
まずは、プロであるリフォーム会社に相談しましょう。


 

ユニットバスのリフォーム費用は?

ユニットバスのリフォーム費用は、自宅の浴室がユニットバスかどうかで変わります。
メーカーや製品の種類にもよりますが、リフォーム費用のおよその目安は次のとおりです。

 

在来工法からユニットバスへ交換

在来工法からユニットバスへのリフォームは、浴室の拡張工事を行うことが一般的です。
撤去・土台工事費用が別途かかるため、リフォーム会社に確認しましょう。

【施工事例】
施工内容 ユニットバス交換工事
工事期間 6日
工事費用 約130万円
取扱い製品 TOTOサザナ


 

ユニットバスからユニットバスへ交換

元の浴室がユニットバスの場合は、在来工法に比べるとリフォームにかかる費用や日数を抑えられます。

【施工事例】
施工内容 ユニットバス交換工事
工事期間 3日
工事費用 約85万円
取扱い製品 TOTOサザナHSSタイプ


 

まとめ

ユニットバスには一定の規格サイズがあり、戸建て・マンションによって大きさが異なります。
いずれの場合も、一般的に使われる大きさは「0.75~1坪」サイズです。
介護が必要だったり親子で入浴したりする場合は、1.25坪あれば不自由なく使用できるでしょう。

在来工法の浴室をユニットバスにリフォームする際は、拡張工事をすることが一般的です。
マンションでも、浴室と外壁の間の空間をうまく利用すればスペースを広げられます。

リフォーム費用は、工事内容や製品の種類によって異なります。
お風呂の広さにお悩みなら、プロであるリフォーム会社に相談しましょう。

こんな記事も読まれています